住宅ローンの滞納の訳

本サイトは住宅ローンの滞納問題に着目し任意売却や競売などの問題

収入の減少や、思いもよらない病気や怪我によって住宅ローン滞納状態になり、 どうする事も出来ない場合、競売か任意売却かの選択しかなくなってきます。

返済厳しい

債権者からの競売の申し立てをされてからでは時間が制限されるため任意売却の手続きをするのであれば、住宅ローンの 支払いが難しいと解った時点で手を打っておくべきです。

それによって売却価格や引越時期、その他の希望を有る程度聞いてくれる不動産屋にお願いすることが出来ます。

住宅ローンの滞納する前に金融機関に任意売却の申し出をして、承諾してもらえれば、1年間の猶予ができるので、競売の申立前にする事で 優位な売却が狩野になります。

住宅ローン滞納後の差し押さえとは

差押

住宅ローンの滞納がはじまり、債権者と債務者で返済にむけての協議をするもののその後進展がみられない場合、債権者は保証会社に代 位弁済を要求します。

簡単にいうと、住宅ローンの貸付をおこなっている金融機関がローンの取り立ては難しいのでその取り立てを保証会社に移管するという事です。

保証会社に債権や担保物権などが求償権が移るといわゆる不良債権と扱いとなってしまいます。

債務者は個人信用情報に事故として記載される、リストに載ってしまいます。

ブラックリストに載るという事は、その人は信用できない人という意味合いで以後お金の借り入れおろか、クレジットカードをつくる際に も審査で落ちてしまうという事になってしまいます。

そして債権回収の為に差し押さえという処置がおこなわれます。

これは担保権を実行する為の手段で債務者は差し押さえの申し立てをされると以後は勝手には処分できなくなってしまうのです。

つまりもう自分の持ち物ではなくなってしまうのです。

任意売却とは何でしょう

任意売却を考える

住宅ローンが滞って金融機関に返済方法や返済期間を猶予してもらったりしたけれど、やはりどうしてもローンの返済が難しい時は、なくな く競売処置を待つしかないのでしょうか?

通常競売に至るまでに、金融機関などは任意売却を進める事が多いようです。

任意売却とは住宅ローンが返済できないのなら、その原因となっている物件を売却してしまうという事です。

物件を売却してしまってその売却金で滞っているローンをすべて返済すればそれですべてが終わりで問題解決、とはいかない場合が多いのです。

たとえば、バブルの時代ならいざしらず、現在は住宅を購入した金額より、売却金額は低い金額なのが当然。

中古になるので、新築程高い値で売買されるはずもなく、下手をすると住宅相場の下落幅が大きい時にはたとえまだ新しい住宅でも購入価格の 何分の一にしかならないのです。

売却金がローンの残金を上回るという保障もなく、住宅がなくなっても、住宅ローンはまだ残る場合もありうるのです。

任意売却を渋るにはこんな事情があるのですね。


最新情報&更新情報

2017.3.14   スマホ対応

2015.8.18   デザイン変更

2014.6.15   オーバーローン追加

2013.5.10   ホームページ開設

ページトップに戻る