HOME > 住宅ローン返済が厳しい

住宅ローンの返済生命保険の見直し

住宅ローンの返済で、毎月の家計が圧迫されてきるように感じたら住宅ローンの見直しが必要です。

でも、その前に必ず生命保険の見直しをしておく事もお勧めします。

住宅ローンの見直し

生命保険

通常、住宅ローンを組む際に団体信用生命保険に加入します。

この保険に加入していると、住宅ローンの返済中に本人が死亡した場合、住宅ローンの残債が清算されます。

その結果、残された家族は住宅を失わず、支払いもなくなります。

それ以外での生命保険に加入している場合は、改めて保険料の見直しをしっかりしておく事が大事です。

住宅ローンの返済は、家計の中で多くの割合を占めている事が殆どです。

その中でも金利の負担は大きく、金利を押さえる事が出来れば支払い可能な例もあります。

住宅ローンの支払い難を回避するには、金利の低い住宅ローンに借り換えて支払い額を抑える事や、返済期間の延長の打診をする事です。

ローン会社も破綻を望んでいる訳ではないので、うまく条件等の変更が出来る場合があります。

早めにリスケジュールの相談

リスケ

無理を重ねての住宅ローンの返済を続ける事よりも、住宅ローンを借りている金融機関にリスケの相談をする事も必要です。

リスケとは、リスケジュールの略で返済期間を延ばしたり、金利を見直したりして、毎月の返済を少なくしてもらう事です。

最近は、モラトリアム法の施行により、以前よりも柔軟な対応で、応じてくれる金融機関も多いようです。

注意点として、住宅ローンの債務が減るという事はありません。

返済期間の延長等の条件変更等で、毎月の返済額は減ったとしても、その分の返済総額は増える事になります。

また、リスケに二回目は殆どありません。

一回リスケをした後は、一回でも返済が遅れると分割払いの出来る権利である『期限の利益』が消失し一括返済を要求される場合もあります。


ページトップに戻る