HOME > 住宅ローンの滞納状況

任意売却の流れ

一言で任意売却と言っても住宅ローンの滞納状況や住宅ローンを組んでる人や債権者によっても様々です。

さらに不動産自体が共有名義や所有者が別の名義だったりと複雑です。

債務者と債権者との相談

債権者との交渉

最終手段である競売に至るまでにはどのような過程があるのでしょうか。

通常ローンの支払日に返済が滞ると借入金融機関からの督促状などが送られてきます。

単なる引落口座への入金忘れという人はここですぐに入金すれば、翌月からは通常通りの返済が繰り返される訳ですね。

それが諸事情により入金できず、またこの状況が数ケ月続くと債権者である金融機関からの呼び出しがかかります。

金融機関はこの延滞の状況を把握するために直接債務者と会って相談の機会を設けるわけですね。

債権者の事情に応じ、事情を加味してまだ返済能力があると判断されると金融機関から月々の返済金の軽減や借入期間の 延長など具体的な提案があります。

返済が難しそうな時には任意売却を勧められる場合もあります。

このように債権者と債務者との話し合いがもたれて、今後の債権の返済の方針が決められます。

そしてその後提案延滞が続くと差し押さえという法的処置がとられてしまうのです。

住宅ローン延滞の最終手段は自己破産か?

破産

借金が積み重ねって身動きがとれなくなると、自己破産といって借金がすべてなくなりゼロからの再出発をするという選択肢もでてきます。

自己破産はあくまでも今までの借金が帳消しされるわけですから、裁判所が返済できないかを判断し、簡単には認められません。

また一定期間ブラックリスに記載されたり、一部の職業に就けなくなったりといろいろと不具合が生じます。

また自己破産の手続きには20~40万円くらいの費用がかかります。

もちろん高価なものを手放す必要があり、住宅も手放さなければなりません。

住宅ローンの滞納からの自己破産に至ると、競売か任意売却を選ぶように裁判所や債権者から促されます。

このようなデメリットもあるのであくまでも自己破産は最終手段と考える方がよいです。

また、自己破産しなくとも住宅ローンの返済を任意売却という方法で解決できる場合もあります。

その時々の状況によってどの選択肢がベストなのか違ってきますので、悩んだ時には是非専門家に相談する事をお勧めします。


ページトップに戻る