HOME > 住宅ローンに関するその他

住宅ローンに関するその他

住宅ローンを夫婦で組む

夫婦で住宅ローン

住宅ローンを組む際に夫婦を借り手として組む場合もあります。

これは、諸事情があるにせよ、通常一人の収入では希望融資額に足りない時や税金の控除の事を考えて二人で組む場合が多いようです。

このようなケースで離婚する事になってしまった場合、話し合いでどちらかがそのままその家に住み続ける時には、トラブルが起こる 可能性があります。

どちらかがその後の住宅ローンを支払い続けることとなった場合、何らかの理由でその人がローンの支払う事が難しくなった時はどうなるのでしょうか?

仮に旦那さんが家に住み続けて住宅ローンも引き継いだとしましょう。

その旦那さんが病気で働けなくなって住宅ローンの滞納が発生しました。

それが続くと奥さんも連帯保証人となっているわけですから当然奥さんにも支払い義務が生じ、延滞が続けばブラックリストに さえ載ってしまう可能性もでてきます。

こうしたトラブルにならない為にも離婚の際はできたら金融機関に相談して連帯保証人を抜ける交渉をするか、旦那さんに新たにローン を組みなおしてもらうなどの方法をとった方がいいのではないでしょうか。

競売と競売物件

競売の申立

競売物件という言葉をよく聞くと思います。

これは簡単にいうと、住宅ローンを借り入れて物件を購入したのに、貸した側(債権者)が返済してもえらえない場合に、貸したお金を 返してもらう為にその担保となっている物件を売却して、その債権を回収するという事です。

債権者が裁判所へ申し立てをして、裁判所は最低売却価格を定めます。

そして最高値で入札をした人がその物件の所有権を得る事ができるという、いわば建物や土地をオークションで売るようなものですね。

「返済が滞っただけでそんな勝手に売却されるのか、怖い」と思うわれるかもしれませんが、競売の措置に至るまでにはもちろん住宅ロ ーンが滞ってからの一定の期間の猶予もありますし、話し合いもありますのでご心配なく。

これは債権者の債権回収の最後の手段であり、債権回収が難しいとなった場合に、法的力で裁判所にその処分を委ねて、債権の回収をお こなう手段です。

住宅ローンの滞りといっても、ただの収入減の延滞やその他諸事情による延滞などもあり、それ故競売された物件が訳あり物件と呼ばれるのです。


ページトップに戻る