HOME > 多重債務と住宅ローン借り換え

住宅ローンの支払いの2重苦に苦しめられ競売

借入れ先金融機関への支払いの見直し交渉

リスケ

住宅ローンの支払いが厳しくなると解った時点ですべきことは、先ずは借入れ先金融機関への支払いの見直し交渉(リスケジュール)をする こと、交渉が難しい場合他の金融機関での借り換えが出来ないか?

一番やってはいけないのは消費者金融やカードキャッシングなど住宅ローンよりはるかに高い金利で借入れし支払う事です。

その場は良くてもじわじわと後から高い金利のつけが回り、最終的には借金と住宅ローンの支払いの2重苦に苦しめられ、競売や任意売却をしなく てはなりません。

住宅ローンと多重債務の関係性

多重債務

住宅ローンの支払いにおいてローンを新たに借り換えをして月々の支払いを軽減したりする際に再度、金融機関の融資審査があるわけですが、 この際に、多重債務があると審査をクリアする事は難しいと言われています。

多重債務とはいくつもの消費者金融から借入れをおこうなう事で、このような人を多重債務者といいます。

一般に借入金といってもローンと借金には違いがあります。

ローンは教育ローンや住宅ローンのように使い道が明確なのですが、借金は何にでも、たとえばギャンブルにでも使用する事ができます。

また、ローンは審査など厳しいのですが、借金はそれほど審査も厳しくなく借りやすいのです。

借りやすい分、何社もの消費者金融から借入れをして多重債務者と呼ばれるようになってしまうのです。

多重債務者は借金の金額よりも借入れ件数を重視され審査される事が多いようです。

消費者金融の金利は住宅ローンの金利よりはるかに高く、それ故先に消費者金融への返済を優先しがちです。

多重債務者がこうして住宅ローンの支払いを延滞していくのは頷けます。

住宅ローンの借り換えの検討

住宅ローンを支払い続けるのが難しくなった場合、思い切って住宅ローンの借り換えをする事も1つの検討材料になります。

検討対象となるのは、現在の金利が借り入れた時より低い場合ですね。

しかし、借り換えといえど、金融機関の融資審査はあるわけで極端に収入が減っていたり、失業中や転職したてといった場合には金融機関の審査 落ちとなってしまいます。

このように新に住宅ローンを借り換える事ができる人はすべての人には当てはまらないのであくまでも検討材料の1つです。

今より高い金利で住宅ローンをの借入れをしている場合は借り換えを行う事で随分と支払いの負担が減る可能性がでてきます。

住宅ローンは長期にわたって多額のお金を借入する場合が多いので、金利がたとえ少し違うだけでも返済金額は大きく違ってきます。

月々の返済金額が減ったり、ローンの返済の期間が短縮されたりとメリットが大きいのです。

しかし、借り換えの際には事務費やその他諸々の諸費用が結構かかる場合が多く、その事も考慮にいれて検討する必要があります。


ページトップに戻る